「りんご病」東京都が初の流行警報

顔のほおなどに発疹ができて赤くなる「伝染性紅斑」、いわゆる「りんご病」の患者が東京都内で急増していることから、都は16年前の調査開始以来、初めて流行警報を出し、うがいや手洗いなど、予防の徹底を呼びかけています。「りんご病」はせきやくしゃみなどによって感染し、患者は小学校入学前後の子どもが多いということですが、妊娠初期の女性が感染するとまれに流産することがあるということで、都はうがいや手洗いなど予防の徹底を呼びかけています。