「津波災害」語り継ぐ

NPO防災千葉による出前授業がおこなわれた。
南房総市三芳小学校で、近隣の3校の110人が参加した。
講師は、旭市の宮本英一さんで、自身の津波体験を語った。「家族全員が生きていられたのが一番良かった。何があっても生きることを第一に考えて欲しい」と強調した。