あ、まだ熱い

国際研究チームが日本の月探査機「かぐや」の観測データの分析などから、月の内部には、地球の引力を受けて今も熱を生じている軟らかい層があることを発表した。半径1700キロの月の内部は、地下数十キロまでが地殻、同1400キロ程度までが岩石でできたマントル、その内部が主に鉄などの核と考えられている。
観測結果から、月の直径が地球からの引力の変化で数センチ、伸びたり縮んだりしているのを確認した。