えっ、米研究チーム 最高血圧120未満で心臓病リスク低下

アメリカの研究チームは、高血圧の患者の治療で、最高血圧を120未満に抑えると、これまで推奨されてきた140未満の治療より心不全などの心臓病を発症するリスクが25%低くなるとする研究成果を発表しました。これは、アメリカの国立心肺血液研究所を中心とする研究チームが、アメリカの医学誌「ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」で発表したものです。

それによりますと、研究チームは国内の100以上の医療機関で、血圧が高い50歳以上の男女およそ9400人を対象に大規模な調査を行いました。

調査では、血圧を下げる薬によって、最高血圧を、アメリカで一般的に推奨されている140未満に抑えるグループと、さらに120未満にまで下げるグループの2つに分け、平均で3年以上にわたって経過を追跡しました。

その結果、120未満まで下げた患者は、心筋梗塞や心不全など心臓の病気を発症する割合が25%低くなったほか、死亡する割合も27%低くなりました。

その一方で、めまいや腎不全などの症状の割合は増えましたが、調査に加わった研究者は「最高血圧を低く抑えることのメリットのほうが大きい」と指摘しています。