えっ、RSウイルス感染症 患者が統計開始後最多

乳幼児に肺炎などを引き起こすRSウイルス感染症の患者が、平成15年に統計を取り始めて以降、最も多くなっていて、国立感染症研究所は手洗いなど対策の徹底を呼びかけています。RSウイルス感染症は、発熱やせきなど、かぜに似た症状の出る病気で、秋から冬にかけて乳幼児を中心に流行し、初めての感染では肺炎などを引き起こし重症化することがあります。