は、脳の劣化

加齢や動脈硬化などで脳の細胞間に隙間ができる「白質病変」があると、車の運転で右折のような複雑な動作が苦手になるとの分析を、朴啓彰・高知工科大客員教授と中野公彦・東京大准教授のチームが発表した。白質病変は、認知機能の低下が確認される前でも見られるらしいです。