は、関節リウマチの原因

京都大再生医科学研究所の伊藤助教らの研究チームは16日、関節が痛み、進行すると手指などが変形する「関節リウマチ」は、体の細胞内にある特定のたんぱく質に反応することで引き起こされると発表した。病気の原因となる物質を特定したことで、新たな治療法の発見につながる可能性があるとしている。