ほっ、ノーベル賞 大村智さんと共に2人受賞

ことしのノーベル医学・生理学賞に、北里大学名誉教授の大村智さんがさんが選ばれましたが、大村さんと共に、アイルランド出身の研究者のほか、中国人の研究者、屠※ヨウヨウ氏も選ばれました。ノーベル財団などにによりますと、医学・生理学賞に中国人が選ばれるのは初めてだということです。

屠氏は、漢方として用いられていたキク科の植物から、世界三大感染症に数えられるマラリアに効く「アルテミシニン」という化合物を発見し、アルテミシニンを使った薬は今では世界中で使われています。

もう一人のキャンベル氏は、大村さんと共に寄生虫が原因となる感染症の治療に貢献したとして選ばれました。