また、感染性胃腸炎、東京や大阪で感染拡大

ノロウイルスなどの感染によって、嘔吐や下痢といった症状を伴う「感染性胃腸炎」の患者報告数が、東京都や大阪府などの都市圏で増えている。10月27日〜11日2日までの週の小児科定点医療機関からの報告数は、東京都と大阪府で共に2週連続で増加。大阪府はノロウイルスによる集団発生事例が増加している。
手洗いや嘔吐物の処理といった予防策の徹底をしましょう‼️