エボラワクチン20万人分用意可能か、

WHOは24日、エボラ出血熱ワクチンを2015年半ばまでに約20万人分用意できる可能性があるとの見通しを示した。
明るい話題でエボラ出血熱に対して、いろいろな薬が開発されることを期待します❗️