ジェネリック医薬品推進

千葉県は、ジェネリック医薬品の推進するためいろいろな啓発しています。
厚生労働省は、ジェネリック医薬品の数量シェアを60%以上にする目標を設定しています。千葉県は48,1%となっています。もう少しシェアを上げるため県民の認識を変えることが必要ですね。
ジェネリックは成分は同じで、効果も効能も先発医薬品と変わりありません。
変えられるのであればジェネリックを選択しましょう。