テロメア修復仕組みを解明

染色体の末端にあり、その長短が細胞の寿命や老化に深く関係する部位「テルメア」について、長さを抑制する仕組みを、関西学院大理工学部の田中克典教授らのグループが初めて明らかにした。
この研究は、抗がん剤の開発につながる可能性もあるようです。
研究がどんどん進み、いろいろな分野での活用が望まれます❗️