世界各国で違う睡眠時間

米国疾病管理予防センターが推奨する時間は7時間で、その7時間に達していない都市がほとんどで35.3%が7時間以下で、最も短いのが東京で5時間46分しか寝ていない。
ちなみに、最も長いのがメルボルンで7時間05分ということです。
世界的に睡眠時間が不足気味のようです。