厚労省が実態調査へ

普通の社会生活が送れないほど強い疲労感が続く「慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎」について、患者さんの状態を把握する調査を始める。患者は国内に30万人いるとも推計される。原因不明で治療法はないうえ、症状を客観的な数値で表しにくいようです。