災害時医薬品は「循環型備蓄」 八千代市が県内初、7カ所に配備へ

 八千代市は災害時の応急医療救護活動の初動体制を強化するため、今月中に医薬品などを市内7カ所の医療機関に配備する。医薬品を日常の診療で使いながら補充する「循環型備蓄」方式を県内で初めて採用するとしている。
災害は、いつ起こるかわからないので、とてもいい事だと思いますね❗️