脳卒中予防

厚生労働省の2010年調査で脳卒中死亡率がワースト1となった岩手県で、関係団体が「脳卒中予防県民会議」を組織し、県を挙げた対策に乗り出した。各家庭に地元の主婦が塩分測定器を持って訪問する。「突撃!隣のおみそ汁」調査。10月に開始し、5年間で1万世帯以上の訪問を目指している。
やはり、塩分の取り過ぎは高血圧につながり脳卒中発症のリスクを高めるため、みそ汁の調査をするようです。