65歳以上、5人に1人が認知症に 2025年の推計

「認知症国家戦略」の全容が7日、明らかになった。2025年には65歳以上の約700万人が認知症になるとの新たな推計を示し、本人や家族の視点を重視した施策を進めるとしている。今月中にも正式に決める。
団塊の世代が75歳以上になる25年には、65歳以上の5人に1人にあたる700万人前後に増えるという。