iPS臨床2例目に着手

人工多能性幹細胞から網膜の細胞を作り、世界で初めて目の難病患者に移植した先端医療センター病院の栗本康夫眼科統括部長が29日、取材に応じ、2例目の患者を選定して皮膚細胞を採取、網膜の細胞の作製に着手していることを明らかにした。
1例目の患者さんは順調に回復しているようです。