貧血

貧血とは?

貧血対策の食べ物

あさり6粒~7粒で1日に必要な鉄分の約半分がとれる(水煮缶)

頭痛・肩こり・首こり・冷え性・疲れやすい・息切れ・耳鳴り

◦原因は?
鉄分の不足(日本は鉄分不足大国)
鉄分をしっかり摂取⇒様々な身体の不調を解消できる可能性あり

人間の体内でも大切な働きをしている
全身に酸素を運ぶ⇒ヘモグロビン(鉄とたんぱく質でできている)が酸素とくっついて全身へ運ぶ

食べて吸収されやすい鉄と吸収されにくい鉄がある
吸収されやすい(ヘム鉄)⇒10%~30%体に吸収
(鶏レバー・牛肉・豚レバー・マグロの赤身)
吸収されにくい(非ヘム鉄)⇒1%~8%体に吸収
(ほうれん草・ひじき・切り干し大根・小松菜)
※日本人が食事から摂る鉄分は約85%以上が非ヘム鉄
(日本人は鉄分不足になりやすい)

◦鉄分不足解消法
⓵調理する鍋に「鉄の塊」を入れること
⓶料理に「鉄器」を使う
味噌汁(鉄器に水を入れ沸騰、具を入れ火にかける、具材に火がとうったら、味噌を溶き入れる)

※鉄分の摂り過ぎには注意しましょう。

体調不良(だるさ解消)

◦だるさの原因(貧血)
(急性肝炎・不眠・自律神経失調症・うつ・腎疾患・心疾患)

◦貧血の症状
(だるい・疲れが抜けない・歩いても速度が上がらない・階段を上る気がしない)

◦貧血の症状
(不眠・息切れ・爪の変形・口内炎・だるさ・氷食症・乾燥肌・抜け毛・嚥下困難)

◦貧血は「酸素不足」
だるさなど様々な体調不良の原因

◦なぜ貧血になるのか?
・衝撃は鉄を減らす(手とか足に衝撃が走ることにより血管の中の赤血球が壊れてしまう)
・野外で仕事をすることが多い人やよく運動する人は鉄を失いやすい
・激しい運動をする人は、しっかりと鉄分の補給を
・胃がんや大腸がんなど出血性の病気で貧血になることも

◦鉄分を失う要素
便・尿・皮膚の剥がれ・抜け毛・汗・月経・破壊(衝撃)

◦貧血予防法
⓵鉄鍋や中華鍋で水を10分加熱しながら具材を煮る
⓶みそを溶いて完成
・鉄分が多い食べ物
(赤身肉・きな粉・青菜・アサイー・大豆製品・貝類・レバー・小松菜)
・ビタミンCと一緒に摂ると鉄分の吸収率がアップする