内臓脂肪

内臓脂肪とは ?

お腹に溜まってしまった脂肪は2種類あります。1つは皮膚の下にあってつまむことができる「皮下脂肪」、もう一つは体の深部の内臓の周りにある「内臓脂肪」です。

ポッコリお腹

お腹周りの脂肪には違いがある
1つは皮下脂肪、もう1つは内臓脂肪
皮下脂肪  病気の危険なし
内臓脂肪  病気の引き金になる
内臓脂肪がたまってくるポッコリお腹は危険な悪いポッコリ
皮下脂肪がメインで溜まっている方は良いポッコリ

内臓脂肪の基準 100cm²
簡単チェック法(洗濯バサミ)
つかめるお腹は良いポッコリ(皮下脂肪が多い)
つかめない悪いポッコリ(内臓脂肪が多い)
腹囲(へそ周り)
男性 85cm
女性 90cm

内臓脂肪がなぜ悪いポッコリなのか 

                内臓脂肪
                  
症状      高血圧    血圧上昇    脂肪肝
          ⇓       ⇓       ⇓
病気    糖尿病   高血圧症   脂質異常症   肝炎
        ⇓      ⇓       ⇓      ⇓
重大な病気失明  腎不全  認知症  脳卒中  心臓病  がん
内臓脂肪が病気の連鎖を生む

内臓脂肪が悪くなるのは腸に原因がある
(腸に炎症を起こす事が非常に悪いこと)
腸の炎症と内臓脂肪の関係とは 
腸が炎症し内臓脂肪にうつると「悪玉ホルモン」を分泌、様々な臓器に飛び火し身体に障害を起こす

内臓脂肪改善プログラム
1、1日20分のウォーキング
運動する事で筋肉心臓血管から内臓脂肪を燃焼させるホルモンが出る
2、食事前にウォーキング
間食を控え空腹感を作る(空腹感は内臓脂肪が減るサイン、空腹の時には胃から脂肪を燃やすホルモングレニンが出る)
3、根菜類をたくさん摂る事で良い腸内細菌が育つ、その腸内細菌は内臓脂肪を燃やす物質をたくさん作る
4、食べる時、炭水化物は最後
(糖質炭水化物を最後に回す事で、糖質の吸収が抑制される)
5、ごはんは食べたい半分にすると効果的

内臓脂肪を減らす

(糖尿病腎臓病高血圧脂質異常症睡眠時無呼吸症候群高尿酸血症脂肪肝変形性関節症月経異常妊娠合併症心筋梗塞脳梗塞)命に関わる重大な病

身体の中にあるBATという細胞群を刺激して内臓脂肪を燃やすという方法
BATを刺激
  
増やしたり活性化できれば、内臓脂肪が勝手に燃やされ減らすことができる

通常、筋肉を動かした場合の燃焼効果が 
数字で言うと、4
BATの燃焼効果は 
数字で言うと、300400
燃焼効果は70100倍の燃焼効果がある

BATを増やす
  
1年で約1Kg体重が抑えられる、10年で約10Kg、20年たてば約20Kg
食事制限や運動をしなくても内臓脂肪を減らせるBATという細胞
BAT
(肥満改善や糖尿病予防のため最先端の研究が行われている細胞)
BAT
(脂肪を燃やして体温を上げる細胞)
  
内臓脂肪が燃料
BATが全身の脂肪燃焼と大きく関係がある
BATは年をとると減ってしまう
一度減ってもまた増やせる

BATを増やす方法
食生活を変えることによってBATを増やす事が出来る
BATを増やすセンサー
1、皮膚
長期間センサーが寒さを感知  BATが増える  BATあれば  体温が上がる
2、消化器で、3つのトリップチャンネル
黒コショウ青魚とうがらししょうが
(温度を感知してBATを増やす)  辛さセンサーを刺激する
わさびからしにんにくたまねぎ
ミント
メントールという成分が別のセンサーを刺激する