パーキンソン病

パーキンソン病とは ?

パーキンソン病

1)パーキンソン病の四大症状
安静時振戦 :手足のふるえ、左右差がある
筋 固 縮 :筋肉が硬く、こわばる
無   動 :動作がゆっくり、動作が少ない、声が小さい、字が小さい、表情が乏しい、瞬きが少ない、足がすくむ。
姿勢反射障害:バランスがとりにくい、倒れやすい、歩行が小刻み、前屈み。

2)Hoehn  Yahr(ヤール)の重症度分類
Ⅰ 片側の手足等の障害。運動機能障害は軽度
Ⅱ 両側の手足等の障害。平衡感覚、姿勢反射障害無し。
Ⅲ 中等度。立ち直り反射障害(姿勢反射障害)あり、日常生活での活動制限あり。
Ⅳ 重症。辛うじて歩行立位可能、日常生活での機能障害著明で介助も必要。
Ⅴ 起立歩行不能。臥床または車椅子生活。

3)どのような経過をたどるのか 
普通のパーキンソン病は、ヤール3度までに5,5年、5度には15年の経過です。
若年性パーキンソン症候群は、3度までに19年、5度には40年の経過です。
個人差大きい。通常、日常生活において発症後10年程度は十分可能。
平均余命はほとんど変わらない。23年短くなる程度。

4)パーキンソン病の診断
20歳以後(通常は40歳以上が多い)、徐々に発症
四大症状のうち、2つ以上がみられる。
1)安静時振戦(4-6Hz)
2)固縮(歯車様固縮、鉛管様固縮)
3)無動(動作緩慢、動作の欠乏)
4)姿勢反射障害(後方突進現象)
抗パーキンソン病薬が有効(運動効果の改善)
パーキンソン症候群を起こす薬を服用していない
症候性パーキンソニズムを除外できるMRIやCTで明らかな異常所見がない。
外来できたら、表情と動作の観察でほぼ診断可能。
四大症状の観察(安静時振戦と無動)
診察
筋トーヌスを診察   筋固縮を検出
後方突進現象を診察  姿勢反射障害

5)パーキンソン病の診断の実際
1、外来できたら、表情と動作の観察でほぼ診断可能。
仮面様顔貌          無動
手足のふるえ         安静時振戦、緊張で震えが増加
移動や起き上がりの動作が遅い 無動、動作緩慢
歩行時の腕を振らない、小刻み、すくみ、前屈姿勢。
2、診察
筋トーヌスを診断   筋固縮を検出
後方突進現象を診察  姿勢反射障害
3、パーキンソン症候群を起こす薬を服用していない(ドーパミン受容体に拮抗する作用のある薬)
抗精神病薬統合失調症に使用する薬剤はほとんどがパーキンソン病に悪い影響を与える。
抗うつ薬 ドグマチールやその他の抗うつ薬
胃薬の一部ドグマチール、ナウゼリン、プリンペランなど
その他  降圧薬の一部
4、MRIやCTで明らかな異常所見がない。症候群パーキンソニズムを除外できる
5、最後に、治療効果をみる。抗パーキンソン病薬が有効

6)パーキンソン病では運動症状以外、多くの非運動症状がある
1、自律神経障害
消火器症状 便秘、胃、腸管の運動障害
排尿障害  頻尿(夜間、昼間)、尿意切迫、尿失禁
心血管系症状起立性低血圧、食事性低血圧
発汗異常  脂顔、腹部以下の発汗低下、顔面胸部の発汗過多
性機能低下 インポテンツ
PDの自律神経は、どこの神経細胞が障害されるのか 
全身の末梢性自律神経障害
腸管、膀胱、尿道括約筋、尿意、血管壁、心臓、汗腺など
2、精神症状
うつ状態、元気がない、動かない、軽度の認知症
 うつと間違われ、最初に精神科心療内科の受診例も多い
3、睡眠障害
日中過眠       昼間すぐに横になる患者さんが多い。パーキンソン罹病期間が長い患者さん、L-DOPA、ドパミンアゴニストも誘発要因となる
REM期睡眠行動異常症夢の内容に一致した異常行動、恐怖や切迫した状況、寝言、大声、四肢を動かす、暴力的な行動
不眠症        昼間睡眠、夜間不眠、入眠困難、途中覚醒など
4、感覚障害
嗅覚低下 早期より発症しているが、本人や周囲は気がつかない。進行するとさらに悪化し、78割の患者は臭覚障害を呈する。
四肢の痛み五十肩様の症状、運動障害
5、易疲労感

7)パーキンソン病の進行
パーキンソン病では、発症前からすでにレビー小体はできており、進行とともに分布が広がる。
運動前駆症状として、嗅覚障害、便秘、睡眠障害、日中過眠、REM期睡眠行動異常症、不眠症、うつなどがみられる。
発症時には、運動症状が前傾に出てくる
その後、薬による併発症状も出現する幻覚、妄想、ジスキネジアなど

8)パーキンソン病の治療は薬だけではない
1.薬物療法     治療の原則は薬物療法
特に、L-DOPAを中心に、多剤併用療法
2.脳深部電気刺激療法症例によって非常に有効
3.リハビリテーション継続的に実施すれば、一定の効果はある
4.教育       本人および家族の指導と病気に対する教育
5.食事       便秘になりにくい食事、L-DOPA
6.介護の注意事項

9)脳深部電気刺激療法(手術)
脳内に電極を挿入し、電気刺激を行う。臨床症状がL-DOPA内服時程度に改善する。
脳深部電気刺激療法(手術)の患者さんでは、両側の首等にリード線や前胸部に刺激装置があるので、あん摩マッサージ指圧、はりきゅう等の施術には注意が必要。

10)パーキンソン病リハビリテーションと手技療法のポイント
五十肩様の肩関節の疼痛、ROM制限など、四肢筋の固縮のためにROM制限が全身の関節に出現する。全身の関節のストレッチ、ROM拡大、関節拘縮予防。
前傾姿勢になることが多く、腰背部をできるだけ伸ばすような体操。
下肢の筋力強化、歩行バランス改善。
構音障害、嚥下障害に対して大声を出す訓練。
動作声、運動を大きくするようにイメージ訓練。
運動や訓練は薬の効いているオン時に行う。

11)すくみ現象 歩き始めの工夫
リズムをとる  「1,2」「1,2」と号令をかける
音楽、メトロノーム音(音楽CD)「足下の線や簡単な障害物を乗り越えるなはできる」を利用する  養生用のテープを用い、一定の間隔の線を引く
患者さんの足の前に足やL字杖を差し出す

12)すくみ足方向転換の対応
前に歩きださない前に歩くのを歩き出すときに足を一歩引く。
一歩 横に足をだす
片足を高く上げて歩き出す
姿勢を正し、ゆっくり深呼吸してから歩く
歩行器杖(L字型の杖)
レーザーポインターの利用
パーキンソン病の患者さんは、目標に近づくと足がすくむ  転倒
急がば回れ
遠くを見て歩こう
目の前のものに飛びつくな

13)パーキンソン病リスク
転倒および骨折
起立性低血圧、食後低血圧による失神
訓練後の疲労による脱力
オフ時の座位や動作困難
訓練時の発汗過多による脱水、血圧低下
便秘によるイリウス
排尿障害
誤嚥肺炎
寝たきり褥瘡