鍼灸施術の流れ

鍼灸施術の流れ

鍼灸施術の流れ 【 触診、腹診 】

触診>(施術){患者さんの姿勢

1.<腹診①>施術して、お腹の変えたいところを見つけ出す。※1 ※2あお向け

2.<足の触診>足の施術するところを見つけ出す。※1 {あお向け

3.(足の施術){あお向け

4.<腹診②>足を刺激した効果の判断。※1 ※2あお向け

5.<手の触診>手の施術するところを見つけ出す。※1あお向け

6.(手の施術){あお向け

7.<腹診③>手を刺激した効果の判断。※1 ※2あお向け

8.<背中の触診①>施術して、背中の変えたいところを見つけ出す。※1 {うつぶせ

9.<足の裏側の触診>足の裏側の施術するところを見つけ出す。※1{うつぶせ

10.(足の裏側の施術){うつぶせ

11.<背中の触診②>足の裏側を刺激した効果の判断。※1うつぶせ

12.<腹診④>すべての刺激の効果を確認。※1 ※2あお向け

触診

深さ(表層、中層、深層)組織<表皮、真皮、脂肪、筋肉、骨、靭帯>

(表層)<表皮、真皮>
陥下、緊張or弛緩、体温が一定でない、ザラザラorツルツル、
ビリビリと術者に伝わる

(中層)<脂肪>
硬結、緊張or弛緩、圧痛

(深層)<筋肉、骨、靭帯>
硬結、筋肉の弾力、圧痛

腹診

主なもの(心下痞硬、胸脇苦満、中心芯、腹皮拘急、瘀血、少腹急結、小腹不仁

1.心下痞硬<心下部に扇形に出る>
緊張・硬さ・張った感じ

2.胸脇苦満<肋骨の下縁>
腫脹・圧痛・肋骨弓に指が入っていかない・入っても苦しい・嫌な感じ

3.中心芯 <正中線上>
緊張・スジ

4.腹皮拘急<腹直筋上>
緊張

5.瘀血<腹直筋の下部>
ボコッとした盛り上がり

6.少腹急結<下腹部の左右>
緊張

7.小腹不仁<下腹部に力がない>
下腹部に力がない・下腹部全体に力がない