コレステロール

コレステロールとは ?

コレステロールは細胞膜を作る材料になる

コレステロール

コレステロールの数値が高いと
(動脈硬化心筋脳塞脳梗塞)

総コレステロールHDLコレステロールLDLコレステロールレムナントコレステロール

LDLコレステロールレムナントコレステロール総悪玉コレステロール

総悪玉コレステロールに基準値がある
150以上はやや危険170以上は危険

総悪玉コレステロールの求め方
総コレステロールHDLコレステロール
総悪玉Non-HDLコレステロール

肥満気味の人・中性脂肪が高い人・糖尿病の人はNon-HDLコレステロールが上がる傾向にある
レムナントコレステロールは食事の摂り過ぎによって上がる傾向がある

レムナントコレステロールを下げるには
(肉よりも魚を食事に取り入れる。運動で適正な体重をキープする)
健康診断の数値の変化を見ることが重要

コレステロールの対策編
①食べ過ぎは総悪玉を増やす
(悪玉が高めの人は肉を食べ過ぎない 
②大豆・野菜
食物繊維は、コレステロールの吸収を抑える
③魚
青魚のEPAは総悪玉コレステロールを下げる

善玉コレステロールUP・動脈硬化・生活習慣病・美白・ダイエット・がん予防

トマト

コレステロールが気になる人

トマト  アボガド

悪玉コレステロールを減らし動脈硬化血糖値の調節

大麦(米や小麦と同じイネ科の穀物)
※7:3の配合で米に混ぜる
(大麦に豊富に含まれる大麦βグルカンという食物繊維にはコレステロールを材料とする胆汁酸を体外に排出してくれる働きがある)

大麦βグルカンの働き
腸で水に溶けゲル状に
  
胆汁酸を包み込む
  
体外に排出
  
胆汁酸が足りなくなる
  
血液中のコレステロールを集め、胆汁酸を作る
  
悪玉コレステロールが減少
  
動脈硬化を予防

動脈硬化予防  食後の血糖値を抑える
炭水化物過多肥満
  
食後の血糖値が上がったまま
  
動脈硬化のリスクに

大麦を混ぜたご飯を食べると
大麦βグルカンが糖質と混ざり合う
  
消化吸収を緩やかに
  
血糖値の急上昇を抑える

大麦βグルカンを1日3g摂取
  
悪玉コレステロール値が低下

3割麦ごはん 約4杯

血糖値のコントロール
人間は血糖値が一定である限りは、脳はちゃんと働く、血糖値が上がったり下がったり乱高下を繰り返すと、どうしても集中力が落ちたりイライラしやすくなる。
(血糖値は血液中のブドウ糖の量)

脳のエネルギー源の多くはブドウ糖なので血糖値の変化が脳に影響を与える。

血糖値が急上昇すると、インスリンが大量に分泌され血糖値が急降下する。その結果、脳にブドウ糖がいきわたらなくなり(イライラ、眠気、集中力の低下)

1、ポイントは3~4時間に1回は何かを食べる事
(ゆでたまご、ナッツ、ヨーグルトなど血糖値が上がりにくく下がりにくい食品、お腹が空く30分前には食べる事)

2、朝に大麦を食べると1日中血糖値を安定させられる
(大麦にはセカンドミール効果といって、朝食に食べておくと昼食の血糖値の上昇を抑えてくれる)
大麦に含まれる水溶性食物繊維のβ‐グルカンの働きが大きい

β‐グルカンの働き
消化吸収を緩やかにする

小腸に運ばれると血糖値をコントロールするホルモンが分泌される

コレステロール

(血液ドロドロ血管ボロボロ)  (脳梗塞心筋梗塞)
血管を掃除する秘訣
悪玉コレステロールがプラークを作る
善玉コレステロールはプラークからコレステロールを回収
プラークを回収しない善玉のコレステロールがある

善玉の吸う力をアップさせる食べ物とは 
(善玉の質をアップ)
  
青魚(EPA)
EPA
血管を柔らかく保つ動脈硬化を防ぐ善玉コレステロールの吸う力を高める
(善玉の吸う力 = 善玉引き抜き能力)
善玉の能力低い
  
脳梗塞になりやすい
善玉の能力高い
  
脳梗塞になりにくい

善玉コレステロールが吸う力を上げる方法
①さば缶(青魚のEPAは善玉の吸う力をパワーアップ)
青魚  さばいわしあじさんま
1日1/4缶食べることオススメ

悪玉コレステロールの数値が高い人は要注意 
善玉コレステロール質の高い(吸う力)が大切

1日1食の青魚、2週間で吸う力アップ
(肉が魚に置き換えれば悪玉コレステロールを減らす効果も 

②ナッツ(1日25g)
③緑茶(1日1杯)
④ウォーキング(1日30分)

善玉コレステロールの吸う力が、悪くなる原因
(喫煙飲酒高血圧肥満血管の酸化や炎症)