トリガーポイント

トリガーポイントとは ?

トリガーは「引き金」という意味(痛みを起こす引き金になるポイント)
(普段は痛みがなく、押されて痛みが広がる場所

筋肉が硬い

肩こり腰痛膝痛)慢性痛
実はその問題、肩、腰、膝ではなく別の所にあるかもしれません。
(筋肉の痛みの7割、痛い所とは違う場所に原因が 

肩にゆがみがないか 
鏡でチェックしましょう(肩にゆがみがある方は、身体のどこかにトリガーポイントが 

なぜトリガーポイントはできるのか 
筋肉が同じ姿勢で長い時間いたり、疲れが溜まってきてすごく硬くなる

トリガーポイント
筋肉に負担がかかり続ける事で、筋肉が硬直してしまった状態

◦デスクワークや料理も長時間、同じ姿勢になるため背中にトリガーポイントができやすい

筋肉からきている神経というのはひとつに集まってきている、細かくどこが痛いか人間の脳ではわからない。(だから痛みがある腰だけを治療してもうまくいかない、トリガーポイントの部分を治療しないと、次のトリガーポイントを生むような形になって、どんどん痛みが広がってしまう)

あぐらも脚を大きく開くため、お尻と内ももにトリガーポイントができやすい

一番重要なのはトリガーポイントをほぐす事

筋肉は鍛えるだけではなく、柔らかくする事も重要
ストレッチ・マッサージ・指圧・あん摩で筋肉を柔らかくすることが必要)

部位別トリガーポイント

1、肩こり
肩の骨と胸の間のくぼみ
内ひじの外側
③~⑦肩甲骨を囲むようにとる
IMG_0090 (500x213)

2、腰痛
ベルトが指34本上の背骨脇
ベルト位置すぐ下の端
お尻の真ん中
真ん中から少し下
⑤⑥脚の付け根内側と外側
IMG_0090 (500x154)

3、膝関節痛
①②足の付け根内側と外側
③④膝から指34本分上内側と外側
膝から手のひら1つ分下の外側
膝裏外側
膝裏から手のひら1つ分下の内側
IMG_0090 (500x278)

)トリガーポイントほぐし
痛すぎない程度でもむ、背中やお尻はテニスボールで1ヶ所30秒1日2回が効果的

効果があるツボ

ツボの刺激
  
脳内伝達物質
  
痛みを和らげる

免疫細胞を活発化させるという報告もある

WHO(世界保健機関)認定のツボ361個

1、血圧を下げる効果のあるツボ
合谷というツボです
少し痛みを感じる程度に強めに押す、上半身の血管が開き血圧が下がる
1日3回、左右5分ずつ押す

(痛みで一時的に血圧が上がるので、15分位経ってから測ると、前値に比べて血圧が下がる)

2、冷え性に効くツボ
三陰交

太衝

3、便秘に効くツボ
足三里

合谷

4、肩こり
肩井

風池

ツボの特徴
(痛い周りより硬いしこりがある周りより軟らかい汗ばんでいる毛穴がザラザラ)

ツボにより刺激法を変える
①痛い・周りより硬い・しこりがある
少し痛む位の強さで押す

②周りより軟らかい・汗ばんでいる・毛穴がザラザラ・押すとへこむ
(優しく触れるくらいでよい

血圧を下げる

◦ハンドクリップ
(タオルを握って指がつかないくらいの厚さにする)
2分握る  1分休む × 左右2回ずつ
タオルを2分間握り続けられる力はおおむね30%の力

血圧が下がる原理
NOによる血管機能改善
 
血圧低下