えっ、震災から5年 地盤変動続く 引き続き注意を

5年前の巨大地震による地盤変動の影響は東北を中心に現在も続いていて、この1年の変動の大きさは最大で10センチ余りに達しました。解析した国土地理院は「巨大地震の影響は今も続いており、引き続き注意が必要だ」と話しています。

国土地理院によりますと、5年前の巨大地震では、東北や関東などを中心に広い範囲で地盤が動き、宮城県の牡鹿半島の一部では最大で5メートル40センチ、東向きにずれ動きました。

東向きの地盤の動きは、関東などでは収まりつつありますが、東北を中心に現在も続いていて、岩手県や宮城県の沿岸部では、この1年間の変動の大きさは最大で10センチ余りに達しました。牡鹿半島の一部では巨大地震からの5年間で、最大で6メートル40センチ余り東へずれ動いたことになります。