日本人は歴史教育を軽視しすぎている

日本人が歴史や宗教に疎いのは、学校教育における歴史教育の軽視に問題の一端があると、私は考えています。おまけに、歴史と宗教は密接にかかわっているのにもかかわらず、歴史と宗教を切り離して教えているのですから、今の学校教育は間違っています。
世界の国々の価値観を理解するためには、それぞれの価値観の核心となる文献や歴史的資料を読み込むことが不可欠となります。

私もそう思うので、この記事を抜き出しブログに載せました。